赤ちゃんの汗疹(あせも)を知りたい

薬剤師による解説  赤ちゃんにポツポツができた、湿疹みたいなもの、たぶんあせもだと思う・・・対処法やお薬を知りたい・・・っと思って検索されたのが今なんだと思います。

 ワタクシ、現役の薬剤師が対処や治療薬、予防法なんかについて解説しています。我が家の娘も小さい頃は本当にあせもに苦しめられました(再発再燃が多かった)ので、ママの気持ちは痛いほど分かりますよ。

汗疹(あせも)ってそもそもどんなもの?

赤ちゃんの汗疹(あせも)  あせもは頭、おでこ、首の周り、背中、わきの下、腕の内側やおむつが触れる箇所など、汗をかきやすい部分に、白や赤のプツプツができるものです。

 白いうちはほとんど痒みもなく治りやすいのですが、赤くなってくると厄介です。痒みが強いためかいてしまい、湿疹になるなど治りにくいことも多いです。

 また、かいて傷を作ってしまうと、細菌が感染し、化膿してニキビのような状態になることもあります。それが多くなってくると赤ちゃんの場合、発熱するようなこともありますので、汗疹(あせも)だからと言って甘く見てるといけません。

あせもの原因って何?

 あせもは汗が出てくる通り道である汗腺が汗、アカ、ホコリなどによって詰まってしまい、行き場をなくした汗が皮膚の中にもれ出て炎症を起こしてできるものです。

 単純に汗をかきすぎでもなりますが、肌を清潔に保てていないとよりなりやすいものです。汗をかきすぎだと思ったときは、拭き取ったり、着替えさせたり、シャワーを浴びさせるなどして清潔を保つようにしましょう。

 但し、お肌をこすりすぎるのはNGです。石鹸で洗うのは1日1回にして、その他はシャワーのみで洗い流すだけOKです。

家庭でできるあせもの基本の対処法

汗をこまめにふき取る

汗はふき取る  赤ちゃんは汗っかきです。この汗を放っておくと汗疹(あせも)につながりやすいので、こまめにふき取ってあげることが大切です。

 とはいえ、乾いた布でゴシゴシ拭いたりすると赤ちゃんの肌を傷つけてしまい汗疹(あせも)以外のトラブルにつながることもあるので、ぬるま湯などにつけたやわらかいガーゼなどでふき取ってあげましょう。

シャワーを浴びる

シャワー ふき取れないくらい汗をかいてしまう場合は、本格的なお風呂でなくとも、軽くシャワーで体を流してあげるようにすると良いでしょう。

 ただし、さっと流してあげる程度にし、石鹸やボディーソープで洗うのは1日1回だけにします。余計な石鹸は体に必要な皮脂まで流してしまい肌トラブルを助長してしまいます。

髪の毛は短くカット

汗疹と髪の毛  汗のかきすぎで頭皮に汗疹(あせも)ができてしまうようなことがあります。この場合、汗をかくと引っ付いてしまう髪の毛が悪影響を及ぼしていることもあります。

 髪の毛を短くカットすることでかいた汗が乾きやすくなったり、簡単に汗をふき取れるようになりますので汗疹(あせも)予防につながります。

病院へ行った方が良いレベルの汗疹(あせも)

病院 汗疹(あせも)は基本的に家庭でのケアで予防もできれば、対処もできるのですが、ひどくなってくると病院での治療が必要になることもあります。この項目では病院へ受診することをオススメする状態を紹介しておきます。

  • あせもの数が多く、広範囲に広がっている
  • ひどく痒がっていて眠れていなさそう
  • 2~3日間、清潔にケアしたが変化がない
  • 市販のあせもの薬を使って2~3日様子を見たが変化がない
  • かきむしって化膿している場所がある

 上で紹介した条件が1つでも当てはまるのであれば、小児科や皮膚科などに予約を取って診察に行くと良いと思います。また、病院へ行ってみたら、そもそもあせもではなく他の皮膚疾患だった・・・みたいなこともありますので、素人判断ほど怖いものはありません。

病院でよく出る汗疹(あせも)の薬

軟膏・クリーム 患部の状態によってある程度薬は使い分けされます。この辺りは医師の裁量にもよるので絶対にこのお薬が出るとは言い切れないのですが、大体はこんな感じかなという辺りを紹介します。ですので、当然ここに記載されていない医薬品やジェネリック医薬品が使用される場合もあります。

軽度なあせもの場合

 ステロイドを含まないスタデルムクリーム、ベシカムクリーム、アズノール軟膏、コンベッククリームあたりがよく処方されます。

治り難いあせもの場合

 ステロイドを含むロコイドクリーム、キンダベート軟膏あたりの弱めのステロイド剤がよく処方されます。

かきむしって化膿したあせもの場合

 上で紹介したステロイドを含む外用剤に、抗菌薬の含まれる外用剤が併用されることが多いです。アクアチムクリームやフシジンレオ軟膏あたりがよく処方されます。

再発が多く、薬ばかりに頼りたくない場合

薬剤師による解説

 薬を塗ったけど治らない、一時的には治るけどまた再発してしまってイタチごっこだ・・・そんなご家庭は意外と多いと思います。実際我が家もそんな感じでした(我が家のケースは後ろの方で書いてみます)。

 この項目では、病院での治療を優先した上で、それでもなかなか完治しない、再発しやすいということを前提にオススメのケア用品を紹介しています(※しつこいようですが、お薬でのケアが優先です)

あせもケア用品ファムズベビー

ファムズベビーはここが良い!

  1. 何も塗っていないように感じるくらい薄いバリア
  2. 1度塗れば8時間は塗り直し不要
  3. 余計な成分は入っていない
  4. 母子手帳副読本にも掲載されている
  5. 安心の日本製
ファムズベビーのここをチェック!

 詳しくは公式サイトでチェックしてもらえればと思いますが、あせものお薬を塗ったあとからファムズベビーを使ってお肌にバリアを形成し、あせもが酷くなりにくいお肌の状態を作ります。

 基本的には、白色ワセリンと同じような効果なのですが、ワセリンはベタつくし、はがれやすいのでこまめな塗り直しが必要な点がデメリットなのです。

 でも、ファムズベビーであれば剥がれにくく塗り直しも8時間は不要なので、あせもケアが本当に楽になりますよ。

 販売サイトもチェックしてみる

我が家娘のあせも再発パターン

 我が家の娘のあせもは、ステロイドを塗れば一旦は治るけど、その後またしばらく経つと・・・っという悪循環でした。

 副作用はそこまで多くないとは分かっているものの、さすがにステロイドを塗り続けるのはアレだなということで、ステロイドの含まれていない軟膏を使ったりしていましたが、今度はこれじゃ効果があまりない・・・。っという状況でした。

 我が家の娘ちゃんのときは、私がファムズベビーの存在を知らなかったため、どうにかこうにか大変な思いをしながら乗り切りましたが、本当にあの頃の自分にファムズベビーを教えてあげたいと思いますね、涙。

甥っ子にファムズベビーを使ってみた

 あせもとは少し違うのですが、甥っ子のところが乳児性湿疹で困っているとのことを聞いたので、ファムズベビーをそのままあげました。その結果がこちらです。

乳児性湿疹

こちらがファムズベビーを使う前の乳児性湿疹の状態。

使い始めて2週間

2週間くらいの経過ですっかりきれいになったみたいです。

 まぁ、乳児性湿疹自体、2~3週間もあれば自然治癒していくことも多いものなので、ファムズベビーが効果的であったのかどうかの判断は難しいところではありますが、公式サイトで紹介されているような体験談なんかを読むと、ファムズベビーのバリア機能が働いてるんだろうなぁと思いたくなりますね^^;

 販売サイトの体験談も読んでみる


汗疹(あせも)はどのくらいの期間で治りますか?

 患部の状態やケアが正しく行えているのかで期間はかなり前後しますが、一般に2週間程度で治るとされています。

 しかし、ケアを怠ると再発しやすいこともあり、しっかり安心できる頃にはもう汗をかきにくい冬になっているようなこともあるかと思います。

 但し、冬でも服を厚着させすぎるなどすると、汗をかくので冬は冬であせもの心配はありますのでご注意を。

赤ちゃんのあせもにステロイドって危なくないですか?

アドバイス ステロイドと聞くだけで副作用を怖がってしまうようなママをよく見かけるのですが、長期間ステロイド剤を使用したり、大量に内服した場合に副作用のことを考えます。短期間の外用剤の使用では大きな副作用はかなり少ないです。

 当然、副作用が完全にないとも言い切れないのですが、医師はこれらの事情は踏まえて薬を出しています。リスク(副作用)とベネフィット(治療効果)を天秤にかけてステロイド剤を処方しているのが普通です。ステロイドだからというだけでむやみに怖がらず、指示とおりにお薬を使用しましょう。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon