じんましんってそもそもどんなもの?

じんましん  じんましんはアレルギー反応の1つです。赤い発疹がぽつぽつと現れるだけの場合もありますし、その後さらに発疹が増えて発疹同士が繋がり大きく腫れた様な状態になる場合も。強い痒みがありますが、通常、アレルギー物質を遠ざけていれば数時間以内に治まります。(写真は大人のものです)

 しかし、顔が腫れた、口の中に発疹ができた、呼吸がいつもと違う、などの症状が出た場合は重症で、気道や喉の粘膜が腫れて呼吸困難を引き起こすこともあります。この場合はすぐに医療機関へ受診してください。

じんましんの原因って何?

アレルギー物質 じんましんは何らかの刺激が原因となって引き起こされます。一般的に有名なものは蕎麦やたまご、エビ、カニ、山芋などの食物アレルギー、薬によるもの、冷たいものに触れて起こる寒冷じんましんというものまであります(どうでも良い話ですが、私は寒冷じんましんです。刺すような冷たさが刺激となるようです)。

 原因物質が食べ物であるならば、食後30分~1時間以内にじんましんが出ていると思いますが、食後でなければそれ以外が原因と考えます。

家庭でできるじんましんの予防法・対処法

医師の指示通りにする

医師  まずは病院への受診が大切です。原因物質をあれこれと推測するのはOKですが、自己判断でこれが原因と決め付けないことです。その原因物質が自己判断通りであれば問題ありませんが、間違いであった場合、栄養が偏ることもありますし、安心して与えたものこそが原因物質であった場合、再度じんましんが出る恐れがあります。主治医とよく相談の上、しっかりと指示を守るようにしましょう。

原因物質を遠ざける

 基本的に家庭でできることは、原因物質から遠ざけることと、お薬をしっかり使うことくらいしかできません。後はかゆい部分を冷やし、かゆみを抑えてあげることくらいでしょうか。

じんましんは病院へ行きましょう

病院  次の場合は、予約だとか悠長なことを言ってないですぐに病院に駆け込んでください。場合によっては救急車を呼んだ方が良いようなケースです。

  • じんましんが全身に広がり、顔色が悪くなってきた
  • じんましんが全身に広がり、呼吸がいつもと違う
  • 顔が腫れたり、口の中にじんましんが広がってきている

 上で紹介したケースでは呼吸困難を引き起こす可能性があるので、軽症だと思ってもすぐに救急に駆け込んでください。更に、特に急がなくても良いですが、病院への受診をオススメするのは以下のケースです。

  • 赤ちゃんは元気そうだが、じんましんが全身にでている
  • 何度もじんましんを繰り返す

病院でよく出るじんましんの薬

軟膏・クリーム 患部の状態によってある程度薬は使い分けされます。この辺りは医師の裁量にもよるので絶対にこのお薬が出るとは言い切れないのですが、大体はこんな感じかなという辺りを紹介します。ですので、当然ここに記載されていない医薬品やジェネリック医薬品が使用される場合もあります。

かゆみが強い場合

 外用薬のオイラックスHクリーム、レスタミンコーワクリームがよく処方されます。

繰り返すじんましんの場合

 内服のかゆみ止め薬のポララミンシロップ、抗アレルギー薬のジルテック、アレジオン辺りが処方されます。

じんましんはどのくらいの期間で治りますか?

 じんましん自体はものの数時間もすれば自然と治まっていきます。しかし、再度、原因物質に触れれば、またじんましんになる可能性が高いです。場合によっては一生その原因物質を遠ざけていくしかないとも言えます。上でも散々記載しましたが、顔が腫れる、口の中にも発疹が出た、呼吸がいつもと違うなどの場合は、至急病院への受診を。

ステロイドって危なくないですか?

アドバイス ステロイドと聞くだけで副作用を怖がってしまうようなママをよく見かけるのですが、長期間ステロイド剤を使用したり、大量に内服した場合に副作用のことを考えます。一般的に短期間の外用剤の使用では大きな副作用はかなり少ないです。

 当然、副作用が完全にないとも言い切れないのですが、医師はこれらの事情は踏まえて薬を出しています。リスク(副作用)とベネフィット(治療効果)を天秤にかけてステロイド剤を処方しているのが普通です。ステロイドだからというだけでむやみに怖がらず、指示とおりにお薬を使用しましょう。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon