赤ちゃんの虫刺されと大人の虫刺されの違い

赤ちゃんの虫刺され

 何の虫に刺されたかによって症状は違う部分がありますが、虫刺されとは赤く腫れたり、水ぶくれができたりして、痒みが出たり痛みが出たりするものです。

 ただ、赤ちゃんの虫刺されと大人の虫刺されはその症状が少し違います。赤ちゃんは免疫機能がまだ完全ではないこともあって、虫刺されに対して過剰に反応してしまうことが多い=重症化しやすいのです。

赤ちゃんの虫刺され

 上の写真は、私の友人の赤ちゃんが虫(おそらく蚊)に刺されたときに撮った写真なのですが、蚊に刺されてほどなくして水ぶくれになったみたいです。大人だと赤く腫れてかゆいだけなのですが、赤ちゃんだといきなり水ぶくれということもあるみたいです。

 また、二次的なものとして、赤ちゃんが痒みを我慢できずに掻きむしってしまい、皮膚を傷つけて化膿してしまったり、細菌感染してとびひになってしまうようなこともあります。大人と違い、虫刺されを甘く見すぎるとかわいそうなことになることもあるわけです。

虫刺されの原因って何?

 人を刺す(噛む)虫の種類は結構多いです。ズラズラっと列記しますが、蚊、ダニ、ノミ、マダニ、毛虫、毒蛾、シラミ、ブヨ(ブユ)、アブ、ハチ、アリ、ムカデ、ハネカクシ、カミキリモドキなどなどです。あと、虫ではありませんが、海に行くとクラゲなんかに刺されることもあるかもしれませんね。

家庭でできる虫刺されの予防法・対処法

ハチに刺された場合

ハチ  赤ちゃんがハチに刺された場合はすぐに刺された場所から離れるようにします。そうしないとハチの援軍が来る可能性があるからです。

 患部を見てハチの針が残っているようであれば、取り除き、患部を洗い冷やします。そして、すぐに病院へ受診してください。

 特にショック症状(肌の紅潮、腫れ、じんましん、呼吸困難、意識混濁)がある場合は至急救急車の手配が必要です。

毒蛾に刺された場合

毒蛾のイメージ  毒蛾に刺されるとかゆみの強いじんましんのようなぶつぶつができます。不用意に患部を掻くとさらに毒毛を刷り込んでしまい症状を悪化させてしまいますので、こすらないように水で洗い流すようにします。症状がひどければ病院への受診をオススメします。

マダニに刺された場合

マダニのイメージ  マダニは近年ニュースで騒がれているのでご存知の方も多いと思います。赤ちゃんを連れて庭や山、畑に入り込んで行かない限りは問題ないと思うのですが・・・。

 もし刺された場合は、寄生した虫体が膨れてきて気付いたときだと思いますが、この虫体は無理に取らずにすぐに皮膚科の受診をしてください。

 また、病院で説明を受けるかと思いますが、マダニ媒介重症熱性血小板減少症候群(SFTS)になる可能性があります。マダニに刺されてから1~2週間は体調の変化に注意して、発熱等の症状があれば、再度医療機関で診察を受けてください。

それ以外の虫に刺された場合

蚊のイメージ  赤ちゃんは免疫反応がまだまだ未熟なので、大きく腫れたり水ぶくれになる可能性がありますが、基本的には患部を水できれいに流し、残っている毒素を除きます。さらに市販のベビー用虫刺され薬を塗って様子をみます。

 刺されたことに気がついてから可能な限り早く薬を塗ることで腫れやかゆみを抑えることができるのです。

 とはいえ、完全に痒みを抑えられることはまずできませんし、何より赤ちゃんは痒みを我慢できません。痒み対策として、患部を冷たい水で絞ったガーゼなどで患部を冷やしてあげるというのも有効な手段だそうです。また、寝ている間にかきむしったりしてしまうので爪を切っておくと良いでしょう。

病院へ行った方が良いレベルの虫刺され

病院 上の項目でも紹介しましたが、ハチとマダニだけはすぐに医療機関へ受診してください。それ以外の虫刺されでは、以下の症状があらわれたら病院への受診をオススメします。

  • 痛みがひどいのか、触ると大泣きする
  • 患部の腫れがひどくかなり大きく硬くなっている
  • かきむしってしまい肌に傷が付き、ジュクジュクになってしまった

 また、ハチとマダニ以外は特に急を要する症状がなければ、翌日の診察からで大丈夫です。判断に悩む場合はこどもの救急などでチェックするか、電話相談してみることをオススメします。

病院でよく出る虫刺されの薬

軟膏・クリーム  患部の状態によってある程度薬は使い分けされます。この辺りは医師の裁量にもよるので絶対にこのお薬が出るとは言い切れないのですが、大体はこんな感じかなという辺りを紹介します。ですので、当然ここに記載されていない医薬品やジェネリック医薬品が使用される場合もあります。

軽度な虫刺されの場合

 痒みを抑えるお薬であるレスタミンコーワ軟膏がよく処方されます。

中等症以上の虫刺されの場合

 弱いステロイドを含むオイラックスHクリームから、患部の程度によっては少し強めのリンデロンVG軟膏辺りがよく処方されます。

とびひになってしまった場合

 とびひになってしまった場合、とびひの範囲が小さければテラマイシン軟膏、ゲンタシン軟膏などの抗菌の塗り薬、範囲が広範囲であれば内服の抗菌薬セフゾン、痒み止めのポララミンなどが処方されます。

虫刺され(特に蚊)の今後の対処法

 刺されないようにすることが一番の対処法です。ハチなどは何度も刺されるようなことはあまりないとは思いますが、蚊は何度も刺されることがあると思います。

 蚊の季節を考えると紫外線が強くなり始める時期と同じです。育児専門誌なんかを見ていてもUV対策は大きく掲載されているのに案外と虫刺され対策は少ないと、感じております。せっせとUVカットクリームは塗ってあげるのに、虫よけは無頓着だなと・・・。

 正直、赤ちゃんのお肌にあれもこれも塗るのはあまり賛成しかねますので、1度で両方塗ることができるアロベビーUV&虫除けミストのようなものをおすすめします。

アロベビーってどんなもの?

アロベビーはここが良い!

  1. 100%天然成分でできている
  2. 1度でUV対策と虫よけができる
  3. ミストタイプなので使いやすい塗りなおしやすい
天然成分 刺激成分 肌への負担
100%
◎
ディート
不使用

◎
低負担
◎
アロベビーのここをチェック!

 刺されたことへの対処も大切ですが、今後、刺されないようにするという対処が最も大事なんじゃないかと思います。

 特に夏のシーズンはUVケアも虫よけもとなるとお出かけ前のママの負担が大きくなりがちなので、1本で対応することができるアロベビーのこちらのミストは本当におすすめです。

 販売サイトでチェックする

虫刺されはどのくらいの期間で治りますか?

 患部の状態やケアが正しく行えているのかで期間はかなり前後します。早くて1週間程度で治るケースもありますが、かきむしってジュクジュクになったりした場合、茶色く跡が残るなどし、それが消えるまで2ヶ月くらいかかるようなケースもあります。

 また、ハチやマダニで病院にお世話になった場合はこれに限らず長引く恐れがあります。特にマダニに関しては油断ならない感染症に繋がることもありますので、要注意です。

ステロイドって危なくないですか?

アドバイス ステロイドと聞くだけで副作用を怖がってしまうようなママをよく見かけるのですが、長期間ステロイド剤を使用したり、大量に内服した場合に副作用のことを考えます。一般的に短期間の外用剤の使用では大きな副作用はかなり少ないです。

 当然、副作用が完全にないとも言い切れないのですが、医師はこれらの事情は踏まえて薬を出しています。リスク(副作用)とベネフィット(治療効果)を天秤にかけてステロイド剤を処方しているのが普通です。ステロイドだからというだけでむやみに怖がらず、指示とおりにお薬を使用しましょう。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon