新生児ニキビってそもそもどんなもの?

新生児ニキビ  新生児ニキビは基本的に大人のニキビとほぼ変わりません。赤ちゃんは生後1~3ヶ月の頃、皮脂分泌が盛んになる時期があり、そのせいで頬やおでこ、あごなどにニキビが発生します。皮脂分泌が盛んな時期は長く続くものではありませんので、経過とともにニキビも治まっていきます。特別なケアは特になく、肌を清潔に保つようなスキンケアをしておけば大丈夫です。

新生児ニキビの原因って何?

 上でも少し触れたのですが、新生児ニキビは大人のニキビとほぼ同じで、毛穴に皮脂が詰まってしまうことと、アクネ菌が繁殖することが原因で引き起こされています。寝具が汚れていることでより起こりやすい状況にもなりますので、赤ちゃんが触れるものは清潔にしておくことが大切です。

家庭でできる新生児ニキビの予防法・対処法

お肌を清潔に保つこと

新生児ニキビ  基本的に、肌を清潔に保つだけで大丈夫です。お風呂などでしっかりと泡立てた石けんでこすり過ぎないように洗うだけでOKです。石けんカスが残るとそれが刺激になってしまうこともあるので、しっかり洗い流すようにします。また、よだれや汗などの汚れでも刺激になるようなことがありますので、こちらもあまりゴシゴシしないように丁寧に拭き取ってあげると良いでしょう。

顔もしっかり洗う

ガーゼ  赤ちゃんをお風呂に入れるときに、顔を石けんで洗ってあげていない方が増えているようで、これが新生児ニキビの発生原因だと考えることもできます。『沐浴剤を入れたお風呂に入れて、ガーゼで顔を優しく拭いています』と、いうだけでは皮脂汚れは落ちにくいのです。特に皮脂分泌が盛んになっている時期では、顔もしっかりと泡立てた石けんで洗ってあげたいものです。

ただし、洗いすぎ厳禁!

 赤ちゃんの肌は大人の肌と違い弱いです。ニキビになっていることで、すでに通常の肌の状態ではありませんので、石鹸の刺激も悪い方向に働くことも考えられます。1つ上の項目ではしっかり洗うとは書きましたが、洗い過ぎは厳禁です。できれば無添加ベビーソープのような赤ちゃん用の石鹸が良いでしょう。

PR:バリアして肌を守る新発想

 清潔にしないといけないことくらい、散々分かってる・・・。しっかりやってるのになかなか治らない。洗いすぎなのか、洗ってなさすぎなのかもはや判断つかない・・・どうしたら良いの・・・。

 そんな声は実際問題多いです。我が家はおむつかぶれでそんな状態でした。新生児ニキビも続くことがありますよね。

そんな時のファムズベビー

 お薬ではなくて、外部からの刺激(汗、分泌物、ほこり、汚物、ゴミや花粉、PM2.5などなど)からお肌を守ることを主眼に作られた肌バリアのムースがあります。詳しくは先のページで紹介していますが、母子健康手帳の副読本にも掲載されているものですので、当然赤ちゃんに使えるものです。

 ファムズベビーでニキビ対策

病院へ行った方が良いレベルの新生児ニキビ

病院 新生児ニキビは基本的に家でのスキンケアで治すことも可能ですが、こじらせてしまったときは病院へと行く方が良い場合もあります。ここでは病院へと行くタイミングを紹介しています。

  • ニキビが多くなり、繋がって真っ赤になってきた
  • ニキビが化膿し、ジュクジュクした感じになってきた
  • 皮膚が剥けてきた

 こんな症状になってきたら、家だけでのケアより、病院で診察をしてもらい、適切なお薬で治療をした方が良いでしょう。

病院でよく出る新生児ニキビの薬

軟膏・クリーム 新生児ニキビが悪化したようなケースではお薬が処方されることもあります。軽症であれば、お薬は特に出ないこともあります。

新生児ニキビのお薬

 ステロイドを含まないアズノール軟膏がよく処方されるように思います。

 基本的にはスキンケアで予防も対処もできる場合が多いですし、一過性に皮脂の分泌が過剰になっているだけなので、よほど悪化した状態でない限りお薬は必要ないと思います。

新生児ニキビはどのくらいの期間で治りますか?

 患部の状態や数、スキンケアが正しく行えているかで期間は前後しますが、早くて1週間くらいです。が、油断していると再発することもあります。いずれにせよ、皮脂分泌が盛んな時期はせいぜい1~3ヶ月の間であることが多いので、そこさえ乗り切れば新生児ニキビは自然と治まっていくことが多いです。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon