接触性皮膚炎ってそもそもどんなもの?

赤ちゃんの接触性皮膚炎  接触性皮膚炎とは、なんらかの物質が触れることによって発症するもので、アレルギー性のものと刺激性のものの2種類に分類することができます。アレルギー性のものにしろ、刺激性のものにしろ、肌に何かが触れて起こるものなので、この2つをひっくるめて接触性皮膚炎と呼ぶのです。(ちょっとイラストは全身に発疹が出ている感じになってますが、実際は原因物質が触れたところを中心に発疹が出ます。)

アレルギー性の接触性皮膚炎って何?

 赤ちゃん自身が何らかのアレルギー体質であると発症する皮膚炎を指します。一般に知られているものでは金属アレルギーやゴム製品によるアレルギー、薬剤によるものなどがあります。

刺激性の接触性皮膚炎って何?

 こちらはアレルギー性のものと違って、誰にでも起こりうるものになります。例えば、毛虫に触れた、絆創膏のテープによってかぶれてしまった。大人が使う石鹸やシャンプー、ボディソープが刺激となって起こるものなどがあります。

家庭でできる接触性皮膚炎の予防法・対処法

原因となった物質を突き止める

原因物質  分かる範囲で構いませんので、原因となった物質を突き止めておくと再発予防に有効な手立てとなります。原因となる物質は珍しいものではなく、比較的身近なものが多いので灯台下暗しで見つけにくい可能性もあります。代表的なものは以下のものです。

  • よだれや汗
  • 食べ物や食べこぼしなど
  • 果物の果汁
  • おもちゃやぬいぐるみ
  • おしゃぶり、おむつのテープ
  • 衣服や衣服のタグ、繊維など
  • 砂やホコリ
  • 毛虫や蛾などの虫
  • 植物や植物の汁
  • 薬や洗剤などの化学物質

原因物質を遠ざける

 原因物質がはっきりしたのであれば、しっかりそれを遠ざけるようにしましょう。原因物質がよく分からない場合もありますのでそういう場合は病院でパッチテストをするなどして調べる方法もありますので、医療機関に相談してみることをオススメします。

PR:バリアして肌を守る新発想

 原因となる物質がはっきりと分かったけど、避けきれないものがよだれであったり、汗、食べこぼしなどです。成長してくればお肌も強くなったりしますし、食べこぼしも減りますので、皮膚炎を起こすことも減ってくるかと思うのですが、当面は何かを使って保護(バリア)する必要があると思います。

そんな時のファムズベビー

 お薬ではなくて、外部からの刺激(汗、分泌物、ほこり、汚物、ゴミや花粉、PM2.5などなど)からお肌を守ることを主眼に作られた肌バリアのムースがあります。詳しくは先のページで紹介していますが、母子健康手帳の副読本にも掲載されているものですので、当然赤ちゃんに使えるものです。

 ファムズベビーでニキビ対策

病院へ行った方が良いレベルの接触性皮膚炎

病院 原因物質がはっきりと分かっていて、さらに症状自体が軽いケースでは病院へと行く必要ありませんが、以下のような状態があれば、病院への受診をオススメします。

  • かゆみが強くかきむしる
  • 水ぶくれのようなものができた
  • 皮膚が剥けてしまっている
  • 膿をもっている
  • 毛虫を触ったことが分かっている
  • ケアしていてもなかなか治らない

 何もしなくとも1~2日程度で治まることが多いので、病院へ行くケースはあまりないかもしれませんが、長引きそうだと思ったら受診してください。

病院でよく出る接触性皮膚炎の薬

軟膏・クリーム 患部の状態によってある程度薬は使い分けされます。この辺りは医師の裁量にもよるので絶対にこのお薬が出るとは言い切れないのですが、大体はこんな感じかなという辺りを紹介します。ですので、当然ここに記載されていない医薬品やジェネリック医薬品が使用される場合もあります。

軽度な接触性皮膚炎の場合

 弱めのステロイドを含む、キンダベート軟膏辺りが処方されることが多いです。

中等症以上の接触性皮膚炎の場合

 やや強めのステロイドを含む、リンデロンV軟膏やプロパデルム軟膏、またかゆみがひどいときはレスタミンコーワクリームやオイラックスHクリームなどが処方されることもあります。

接触性皮膚炎はどのくらいの期間で治りますか?

 何もしなくとも1~2日で赤みは治まる場合が多いです。が、同じものに接触すれば、また同じように皮膚炎を発症してしまいます(発症しないこともあります)。場合によってはそれは一生ものになることもありますので、可能な限り原因物質を遠ざけるようにしましょう。

ステロイドって危なくないですか?

アドバイス ステロイドと聞くだけで副作用を怖がってしまうようなママをよく見かけるのですが、長期間ステロイド剤を使用したり、大量に内服した場合に副作用のことを考えます。一般的に短期間の外用剤の使用では大きな副作用はかなり少ないです。

 当然、副作用が完全にないとも言い切れないのですが、医師はこれらの事情は踏まえて薬を出しています。リスク(副作用)とベネフィット(治療効果)を天秤にかけてステロイド剤を処方しているのが普通です。ステロイドだからというだけでむやみに怖がらず、指示とおりにお薬を使用しましょう。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon