乳児湿疹ってそもそもどんなもの?

乳児湿疹  生後2週間~1歳くらいまでにできる、顔や頭を中心とした赤い湿疹です。口の周りや頭皮に出やすく、カサカサになったり、ジュクジュクになったりするようなものです。

 また、汗や食べこぼしなどによって悪化することが知られており、髪の毛に黄色い脂っぽいフケのようなものが付いたりすると乳児脂漏性湿疹と呼ばれるものになります。このフケのようなものは放っておくと独特のイヤなにおいを発するようになります。

乳児湿疹の原因って何?

 皮膚にいる細菌や皮脂、汗や食べこぼしなどが刺激の原因となって湿疹ができるものです。皮脂分泌が盛んな箇所に起こることが多く、口の周り、髪の毛の生え際、額、わき周辺に起こりやすいです。

家庭でできる乳児湿疹の予防法・対処法

皮膚を衛生的に保つこと

清潔に保つ  とにかく皮膚を衛生的に保つことが大切で、汗や汚れをこまめに拭き取ることが大切です(但しゴシゴシと擦りすぎないこと)。お風呂では刺激の少ないベビー用泡石けんで優しく洗うことを心がけます。ガーゼやタオルで洗うよりも、ママの手で擦り過ぎないように洗うようにするとより良いです。

無添加ソープのすすめ!

 赤ちゃんの肌は大人の肌と違い弱いです。石鹸の刺激も悪い方向に働くことも考えられます。1つ上の項目でも優しく洗うことを前提として書いていますが、無添加ベビーソープのような赤ちゃん用の石鹸が良いでしょう。

黄色いフケのようなものは・・・

 黄色いフケのようなものはベビーオイルなどを浸したガーゼをあてておき、ふやかした後石けんで洗うようにすると落としやすいです。無理に剥がそうとせず、自然に剥がれるものだけ剥がすようにします。

PR:バリアして肌を守る新発想

 清潔にしないといけないことくらい、散々分かってる・・・。しっかりやってるのになかなか治らない。洗いすぎなのか、洗ってなさすぎなのかもはや判断つかない・・・こすり過ぎなのかもしれない、どうしたら良いの・・・。

 そんな声は実際問題多いです。我が家はおむつかぶれでそんな状態でした。乳児湿疹のほとんどは長くとも2週間程度で治ることが多いですが、こじらせるとなかなか大変なものもあるそうです。

そんな時のファムズベビー

 お薬ではなくて、外部からの刺激(汗、分泌物、ほこり、汚物、ゴミや花粉、PM2.5などなど)からお肌を守ることを主眼に作られた肌バリアのムースがあります。詳しくは先のページで紹介していますが、母子健康手帳の副読本にも掲載されているものですので、当然赤ちゃんに使えるものです。

 ファムズベビーでスキンケア!

病院へ行った方が良いレベルの乳児湿疹

病院 乳児湿疹は、しっかりとスキンケアをしていれば、病院へ行かずとも治る可能性のあるものですが、以下のような場合は病院への受診をオススメします。

  • 治ったり発症したりを繰り返す場合
  • 症状が2~3週間以上続く場合
  • 痒みが強いような場合
  • 黄色い脂っぽいかさぶたが付き、イヤなにおいがする
  • 洗ってもかさぶたがなかなか落ちず、きれいにならない
  • スキンケアをしているにも関わらず悪化してきた

 しっかりとスキンケアをしていても治らない場合は別の疾患の可能性も出てきますので、病院への受診をオススメします。

病院でよく出る乳児湿疹の薬

軟膏・クリーム 患部の状態によってある程度薬は使い分けされます。この辺りは医師の裁量にもよるので絶対にこのお薬が出るとは言い切れないのですが、大体はこんな感じかなという辺りを紹介します。ですので、当然ここに記載されていない医薬品やジェネリック医薬品が使用される場合もあります。

軽度な乳児湿疹の場合

 ステロイドを含まない、アズノール軟膏、コンベッククリーム、スタデルム軟膏などが処方されます。

中等症以上の乳児湿疹

 場合によっては弱いステロイドを含むキンダベート軟膏、ロコイド軟膏などが処方されることもあります。

口周りの保護剤

 食べこぼしなどが原因である場合、白色ワセリン、プロペトなどを塗って肌に直接食べこぼしや汚れが付かないようにしたりします。

乳児湿疹はどのくらいの期間で治りますか?

 患部の状態やケアが正しく行えているのかで期間はかなり前後しますが、2週間くらいで治ります。湿疹自体はステロイド薬を使用すれば2~3日できれいになります。

ステロイドって危なくないですか?

アドバイス ステロイドと聞くだけで副作用を怖がってしまうようなママをよく見かけるのですが、長期間ステロイド剤を使用したり、大量に内服した場合に副作用のことを考えます。一般的に短期間の外用剤の使用では大きな副作用はかなり少ないです。

 当然、副作用が完全にないとも言い切れないのですが、医師はこれらの事情は踏まえて薬を出しています。リスク(副作用)とベネフィット(治療効果)を天秤にかけてステロイド剤を処方しているのが普通です。ステロイドだからというだけでむやみに怖がらず、指示とおりにお薬を使用しましょう。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon