とびひってそもそもどんなもの?

とびひ  とびひは湿疹やあせも、虫刺されなどをかき壊してしまい、そこに細菌感染を起こしたものです。見た目的には、水ぶくれになっているようなもの、黄色い膿っぽいものが溜まっているもの、真っ赤にただれているようなものまで、患部の状態は感染した菌により様々です。この写真は初期の初期です。この時点で適切に治療できれば、広がらずに済むレベルです。

 また、かき潰した箇所は染みます。お風呂は清潔にできていれば、石鹸でさっと洗いながすだけにし、湯船に浸からなくても大丈夫です。

とびひの原因って何?

 大体は黄色ブドウ球菌という鼻の穴に常在している菌が原因になりますが、連鎖球菌が原因菌となることもあります。強いかゆみがあり、かいて水ぶくれを潰してしまうと、あっという間にあちこちへと飛び火します。全身のどこでもなり得るものですが、基本的に赤ちゃんの手が届きやすい箇所がなりやすいです。

家庭でできるとびひの予防法・対処法

ガーゼをあてる

ガーゼ  患部を清潔に保つことと、患部をかいて他に飛び火させないためにもガーゼで覆うことが必要です。患部に直接ガーゼを当てると、ガーゼと皮膚が引っ付いてしまいますので、病院で処方されたお薬をたっぷりと塗り、患部とガーゼが直接引っ付かないようにします。

タオルの共有をやめる

沐浴セット  タオルの共有で他にうつってしまうことがあるので、タオルの共有はやめておきます。赤ちゃん専用のタオルを用意し、他の人が使ってしまわないようにしましょう。

とびひで病院へいくタイミング

病院 基本的にとびひだと分かった場合や、とびひを疑った段階で病院への受診をオススメしますが、下記のような状態なら特にです。

  • 水ぶくれのようなものができている
  • 黄色い膿っぽい湿疹ができてい
  • かき壊した水ぶくれ周辺がただれた
  • あちこちに似たようなものが増えてきた

 最初は湿疹や虫刺されなどがきっかけなのですが、かき壊すなどして悪化させ、そこに細菌感染を起こしてとびひへと成長していきます。

病院でよく出るとびひの薬

軟膏・クリーム 患部の状態によってある程度薬は使い分けされます。この辺りは医師の裁量にもよるので絶対にこのお薬が出るとは言い切れないのですが、大体はこんな感じかなという辺りを紹介します。ですので、当然ここに記載されていない医薬品やジェネリック医薬品が使用される場合もあります。

軽度なとびひ

 アクアチム軟膏、フシジンレオ軟膏、テラマイシン軟膏などの抗菌作用のある外用薬がよく処方されます。

広範囲のとびひ

 範囲が広い場合は内服薬が処方されることもあります。セフゾンという抗菌薬が処方されたり、全身のかゆみが強いばあい、ポララミンといったかゆみ止めが処方されることもあります。

とびひはどのくらいの期間で治りますか?

  患部の状態やケアが正しく行えているのかで期間はかなり前後します。2~3日で治るような子もいますが、長引くことや全身に広がってしまうこともあり、1ヶ月かかるようなこともあります。

薬剤師もオススメ!新発想の保湿バリア!

 あせも、おむつかぶれ、食べこぼしによる炎症など赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいる方は必見

 ワセリンよりもお値段は高いけど、ベタつきなし、はがれにくくケア効果時間の長さが8時間と優れすぎのケア用品です。

Page top icon